周恩来秘書の回顧録「忘れ難い8年」刊行 林彪事件などについても記述

10月 17, 2007

(中国通信=東京)北京17日発新華社電によると、中華人民共和国の初代首相となった故周恩来総理の晩年の8年間について記した「忘れ難い8年」と題する書物が、10月17日、中国の中央文献出版社から出版された。

著者は晩年の周恩来総理の身辺に仕えた秘書の一人で、元武装警察指揮学院副院長の紀東氏。

1968年8月、当時25歳だった紀東氏は、所属していた8341部隊から周総理の身辺担当の秘書に抜擢され、1976年に周総理が亡くなるまで、ずっとその職に仕えた。

その時期は新中国成立後、党と国家が重大な試練に直面していた時期でもある。

紀東氏は次のように語った。長い間、私は過去について語る文章や回顧録を書こうなどとは全く思っていなかった。なぜなら、一部の出来事はどのように書き、どう表現すれば良いのかが分からなかったためである。それに、私は周総理の身辺に仕える秘書の中では最も若く、最も経験が浅かったので、恐れ多くて書けなかったということもある。

しかし、時間の経過とともに、紀東氏の心の中では、西花庁(中南海の中にある周総理の住居兼執務室)の多くの人物や出来事に関する記憶が、薄まることはなく、ますます鮮明かつ重厚なものとなってきた。紀東氏は「これらを記録として残すことも私の責任の一つだ」と考えるようになった。

ついに2006年5月から、紀東氏は中央文献研究室関係者の指導と周恩来�穎超研究センター専門家の支援を得て、「忘れ難い8年」というこの本の執筆に着手した。

同書は計42編、約12万華字で構成され、そのほとんどは周恩来の日常生活に関するものである。

このほか紀東氏は、人々が良く知っている出来事や過去にすでに記録のある出来事のうち、身辺に仕えた者として補充可能な出来事についても語っている。とりわけ驚嘆し、魂を揺さぶられるのは、「私が体験した『九・一三事件』(1971年9月13日、当時党副主席であった林彪氏が飛行機で国外に逃亡する途中、モンゴル上空で墜落・死亡した事件)と
いう一文である。その中には、九・一三事件後三日三晩の周恩来についての見聞が書かれており、そのうちの一部は紀東氏だけが目撃した出来事である。

晩年の最後まで周総理の身辺に仕えてきた者として、彼が他の誰にも勝ることは、周総理の日常生活と実務に関して、細微にわたって具体的に知っていることである。紀東氏は「総理と姉さん(�穎超夫人のこと)の接吻」という文章を書いているが、こうした日常の小さな出来事を通じて、読者は周総理の感情、情緒、精神的境地を知ることができる。

「もう疲れた」これは周総理が紀東氏ら身辺に使える者に語った最後の一言であり、また、紀東氏が8年間仕えていた間、周総理の口から「疲れた」という言葉が発せられたのはこれが初めてであった。この言葉を発した8日後に周総理は永眠した。

この30余年間、紀東氏の心中には、この時の情景とこの言葉が深く刻み込まれていた。

中央文献研究室の周恩来研究家の一人は次のように語っている。歴史学研究家の見地として、これは周恩来文献公文書の重要な補充であり、貴重な歴史的価値を持っていると考える。党の指導幹部の見地として、これを通じて周恩来同志の思考方法、活動方法、闘争技術を学ぶ事ができると考える。共産党員の一人として、これを通じて周恩来の精神と品格を学ぶことができると考える。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら