「後継者に警鐘鳴らす」 新華社、朴大統領弾劾で論評

3月 10, 2017

 (中国通信=東京)北京10日発新華社電は、「後継者に警鐘を鳴らす朴槿恵の失脚」と題する国際時評を配信した。
 論評は、朴槿恵政権が市民の抗議と周辺国の反対を顧みず、THAAD導入を強行したことは、北東アジア情勢を危険な状態にし、韓国世論の亀裂ももたらしたと指摘する一方、今後、朴槿恵の外交政策がどの程度見直されるか、不確実性に満ちていると述べた。内容次の通り。
 韓国憲法裁判所が10日朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾を決定し、朴氏は韓国の歴史上弾劾で失脚する最初の大統領となった。
 韓国憲政史上初の女性大統領として、朴氏は韓国国民から国家の安定、安全と繁栄をもたらすと期待されていた。また現代の北東アジア地域初の女性国家元首として、国際社会から複雑な北東アジアの外交構造の中で力を発揮すると期待されていた。
 だが、任期を1年近く残して失職した。韓国ギャラップが3日発表した世論調査では、77%の人が朴槿恵弾劾に賛成している。昨年11月には、支持率が過去最低の4%まで下がっていた。その弾劾による失脚は、8人の裁判官の一致した法的決定であるとともに、韓国社会の世論の現れでもある。
 「君舟民水」が2016年韓国今年の四字熟語に選ばれたのは、ちょうど朴氏の国会弾劾後まもなくのことで、それは「水は舟を載せられるが、舟を覆すこともできる」という歴史的教訓の証明でもある。
 大統領の免除権を失って、朴氏は「親しい友人の政治介入」、職権乱用、収賄など一連の非難に対する検察機関の徹底した調査を回避できないだろうし、投獄の憂き目にあうおそれさえある。いまや、彼女は一つの「反面教材」として、後継者に警鐘を鳴らすことしかできない。
 朴氏の弾劾による失脚は、韓国社会に諸々の変化をすでにもたらしており、これからももたらすだろう。いかにして大統領の権限を制限するかは政治日程に上っている。
 朴氏は政権担当中、与野党勢力の意見の食い違いを埋められないだけでなく、与党内部の派閥闘争が一層激しくなり、最終的に与党の分裂をもたらし、権力基盤を失った。
 政治面で、朴氏が親しい友人を起用して政治に干渉させ、「異論」を排斥したのはもとより政界の「新ストーリー」だが、親しい友人による政治介入事件は歴代政権の職権濫用、権限・金銭取引など、人々に非難された旧弊が同じように存在していることも暴露した。
 経済・社会面で、朴氏は選挙中、市民の願いに応えて、「経済民主化」のスローガンを掲げたが、政権担当中、官商結託、財閥独占は変わっておらず、庶民の怨嗟がちまたにあふれた。
 外交面で、朴槿恵政権の朝鮮政策は緩和から強硬に転じ、韓朝関係は一段と悪化した。米国の圧力下に、慰安婦問題と軍事協力面で日本と「講和」し、韓国社会各界の激しい論争を招いた。さらに市民の抗議と周辺国の反対を顧みず、THAAD導入を強行したことは、北東アジア情勢を危険な状態にし、韓国世論の亀裂ももたらした。
 今後、韓国は60日以内に大統領選挙を行う。将来の韓国が分裂した社会をどう団結させるか、経済の再生にどんな良策があるか、朴槿恵の外交政策がどの程度見直されるか、一連の問題は不確実性に満ちている。
 人々は朴槿恵の弾劾による失脚を契機に、混乱した韓国の政局が一日も早く安定を取り戻し、諸々の問題がうまく解決されるよう望んでいるが、それには後継者が民意に沿い、ずば抜けた政治的英知と勇気を示す必要がある。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら