中米の貿易戦争は百害あって一利なし 中国商務相

3月 11, 2017

 (中国通信=東京)北京11日発新華社電によると、中国の鍾山・商務相は11日午後、「中米間の貿易戦争は百害あって一利なしだ」と指摘、中米双方は両国および両国人民の利益から出発し、協力を強化し、意見の違いをコントロールし、両国関係における経済・貿易協力の「バラスト」、「推進器」としての役割をうまく発揮させるべきだと述べた。
 第12期全国人民代表大会(全人代、国会に相当)第5回会議プレスセンターで行われた記者会見の席上、鍾山氏はさらに次のように述べた。
▽中米両国は世界における二つの最も大きな経済体(エコノミー)であり、双方の関係特に経済・貿易関係の動向は中米間の経済・社会の発展に影響するだけでなく、グローバルな貿易・投資など各方面にも影響が及ぶことになる。中米両国が国交を樹立して以降、二国間の経済・貿易関係は終始正しい方向に沿って発展し、2016年の中米間のモノ貿易額は5196億ドルに達し、1979年の208倍となった。二国間のサービス貿易額はすでに1100億ドルを超え、双方向の投資は累計で1700億ドルを超える。
▽「中米はすでに『あなたの中に私がいて、私の中にあなたがいる』という利益が溶け合う構造を作り上げている」。中国は米国から離れることができず、同様に、米国も中国から離れることができない。米国が輸出しているボーイング機の26%、大豆の56%、自動車の16%、集積回路(IC)の15%はいずれもその仕向地が中国となっている。過去10年において、米国の対中輸出の年平均伸び率は11%で、一方、中国の対米輸出の年平均伸び率は6・6%にすぎない。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら