15日上海総合下落も3400台留まる 深センも続落

11月 15, 2017

 (中国通信=東京)上海15日発新華社電によると、同日の上海総合、深セン(土+川)成分株価指数は続落して引けた。このところ人気の人工知能(AI)、顔認証、リチウム電池関連が値下がりしたが上海総合指数は節目の3400台に留まった。
 上海総合指数は小幅安の3416・21で取引が始まり、一日を通じて低位でもみ合う展開となった。終値は3402・52で、前日に比べ27・03ポイント、率にして0・79%下がった。
 深セン成分指数は1万1462・11で引け、前日に比べ120・81ポイント、率にして1・04%下がった。
 創業ボード指数は1・51%安の1868・08、中小ボード指数は2・06%安の7893・46でそれぞれ引けた。
 個別銘柄は上海、深セン両市場とも値下がりが多く、値上がりは955銘柄で、2252銘柄が値下がりした。ST(特別処理)株と非流通未改革株を除き、両市場合わせて約40銘柄がストップ高となった。そのうち2銘柄は新規公開で、値幅制限いっぱいの約44%値上がりした。
 業種別セクターは酒および飲料が1・0%以上値上がりし、百元株、通信ネットワークと共に上げ幅上位となった。中国科学院、マシンビジョン、顔認証関連が3・5%以上値下がりし、下げ幅上位となった。
 B株指数も続落した。終値は上海が0・79%安の350・00、深センが0・79%安の1217・18だった。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら