「国際情勢変動下の中日関係」 北京で中国社会科学フォーラム

5月 13, 2019

 5月12日、中国社会科学院が主催し、中国社会科学院日本研究所が運営する中国社会科学フォーラム――「国際情勢変動下の中日関係:実務協力と未来展望」国際学術シンポジウムが北京の民族飯店で開かれた。中国社会科学院日本研究所の楊伯江所長は「中日関係はどのようにして協力の深化により持続可能な発展を実現するのか」について素晴らしい特別発言を行った。
 中国の戴秉国元国務委員、日本の福田康夫元首相、中国社会科学院の謝伏瞻院長、日本の横井裕中国駐在大使が開幕式に出席するとともにそれぞれ基調講演を行った。日本国際協力機構(JICA)の北岡伸一理事長、日本政策研究大学院大学の田中明彦学長、衆議院議員で元外務副大臣の山口壮氏、中国社会科学院学部委員で世界経済・政治研究所所長の張宇燕氏、中国社会科学院日本研究所所長で研究員の楊伯江氏らの内外ゲストが開幕式に出席した。中国社会科学院日本研究所の劉玉宏党委書記・副所長が大会開幕式を主宰した。
 戴秉国氏は基調講演の中で次のように指摘した。末永い友好は何よりも重い。中日友好は中日両国人民の永遠の渇望、根本的必要であるだけでなく、アジア各国および人民の切なる希望であり、さらには世界の大多数の人々の共通の願いでもある。中日関係の関連問題を処理するには、中日友好に有利であるか否かを基準としなければならない。中日の末永い友好はすぐさま取りかかり、中日の四つの〈政治〉文書の精神を順守し、中日の指導者が合意した重要な共通認識を実行に移し、政治的信頼を深め、ハイレベルな政治的往来の頻度を高め、実務協力の質的向上・高度化を推進し、人文〈人と文化〉交流と国民感情のつながりを強化し、中日関係の長期にわたる健全で安定した前進・発展を確実にしなければならない。
 福田康夫氏は基調講演の中で次のように指摘した。ご在席の日中両国の専門家と日中交流をどう強化し、実務協力を展開するのかなどの問題について突っ込んだ話し合いをすることを非常に嬉しく思う。現在、日中両国は激しく変化する国際情勢に共に直面している。中国はすでに米国と同じように世界の発展をリードする重要な力となり、世界の中国への関心もますます高まっている。中米貿易問題の動向は世界に影響を及ぼし、日本も国際的な変動局面の中で前向きの役割をどう果たすのかを積極的に考えている。この重要な時に、各国は必ず情勢に対する正しい見方を持ち、誤った判断を避けるようにしなければならない。かつて、日本も米国と貿易摩擦が起き、複雑で苦難に満ちた対米協調のプロセスをたどってきた。現在の中米も似たような問題に直面している。中国側が日本側の経験と教訓を汲み取り、「危機」を「チャンス」に転じ、前向きの心理状態で変動局面に対応し、自身の発展を図ることを希望する。中国は日本を含むその他各国と手を携えて協力し、共に試練に向き合い、人類運命共同体の構築のために具体的な第一歩を踏み出すべきだ。福田氏は、中国が打ち出した人類運命共同体の理念に完全に賛同するものであり、この道を歩むことを堅持すれば、中国人民および全世界人民に非常に大きな幸福をもたらすに違いないと表明した。
 謝伏瞻氏は基調講演の中で次のように指摘した。どのようにして現在のグローバルな変動局面の特徴、方向を正しく理解し、的確につかむかは中日両国が歴史の潮流に順応して、自国の発展を図り、両国関係を深め、世界の平和、発展、安定を守るうえで非常に重要な意義を持つ。「この百年なかった大変動の局面」は深い歴史的、現実的な意味合いを持ち、世界の経済・政治構造の深い変化、グローバルな技術と産業の深い変革、国際秩序と国際規制の曲折した移り変わり、グローバル化の理念および発展の道筋の深い探究などを含んでいる。
 横井裕氏は基調講演の中で次のように指摘した。日中関係改善の勢いは明らかであり、すでに完全に正常な軌道に戻り、しかも新たな発展を迎えようとしている。日本はすでに「令和の時代」に入っており、日中関係もこの時期に良いきっかけが得られた。
 中日両国の専門家は活発に討論し、深く交流し、多くの建設的で的確な見解を示し、提案を出した。中日双方の友好的な人々、専門家・学者およびメディア代表など100人余りが今回のフォーラムに参加した。〔東京5月12日発中国通信〕

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら