五輪期間中、北京を訪れた内外観光客、延べ652万人

8月 26, 2008

(中国通信=東京)北京26日発新華社電によると、今月8日から24日までの北京五輪開催期間中、北京市を訪れた内外からの観光客は延べ652万人に達した。そのうち海外からが延べ38万2000人、観光スポットの売上高は1億6270万3000元(1元=約16円)に達した。

北京市統計局、国家統計局北京調査チーム、北京市観光局が合同で五輪期間中の市内のスター級ホテルと重点観光スポットの観光客受け入れ状況を調査した。

それによると、各観光スポットを訪れた内外からの観光客は故宮博物院が46万人、頤和園が35万3000人、八達嶺の長城が23万6000人、天壇公園が28万6000人だった。

各日の状況をみると、北京を訪れた観光客は16日、17日、23日が50万人を超えた。期間中、市内のスター級ホテルの宿泊客は安定して増えた。8日が7万4000人で、14日には8万2000人に増え、その後は各日とも8万人以上で、17日には最高の8万8000人に達した。24日は8万人に戻った。海外からの宿泊客は1日平均4万人で、17日には最高の4万4000人に達した。

高級ホテルほど客室の稼働率と宿泊料が高かった。期間中、市内のスター級ホテルが用意した客室は10万5000室、実際に宿泊に使われたのは5万6000室で、稼働率は53・5%だった。五つ星は客室稼働率が81・5%、宿泊料が1泊平均3604元、四つ星は稼働率が59・3%、宿泊料が平均1948元、契約ホテルは稼働率が79・8%、宿泊料が平均2727元だった。

各区・県の状況をみると、期間中、客室稼働率は東城区のスター級ホテルが最も高く、77・2%に達した。朝陽区、西城区、海淀区、宣武区は50%以上、崇文区、順義区、豊台区は40%以上、その他区・県は40%以下だった。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら