湖南で世界最古の陶器を発見、中国とイスラエルの研究者

6月 4, 2009

(中国通信=東京)北京2日発新華社電によると、中国とイスラエルの科学研究スタッフが、放射性炭素年代測定法で、中国の湖南省で出土した古代の破片が約1万4000年前から2万1000年前のもので、世界最古の陶器であることを確認した。この研究成果は、2日刊行の米国科学アカデミーの機関誌「PNAS」に発表された。

北京大学考古文博学院の呉小紅教授らは報告の中で次のように説明している。これら陶器の破片の年代をより正確に測定し、破片が出土した洞窟の破壊を回避するため、呉教授らはイスラエルの研究スタッフらと協力し、放射性炭素年代測定によって、破片が出土した地点周辺の地層の年代を詳しく測定した。

研究スタッフは、周辺の地層から100点余りの骨の破片と木炭の堆積物を採取し、放射性炭素測定法で、そのうちの29点の年代を調べて、周辺の地層の年代関係を明らかにした。この洞窟は旧石器時代晩期の人々が狩りをするための臨時のねぐらだった可能性が高い。

陶器の破片と破片が出土した地点の地層を比較した研究スタッフは、東南アジアで発見された、世界最古とされる陶器よりも古い、1万8000年前の陶器の破片であると断定した。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら