中国の南極隕石保有数1万個を突破

1月 16, 2010

(中国通信=東京)南極内陸グローブ山9日発新華社電によると、中国の第26次南極観測グローブ山隊が8日、グローブ山地区で292個の隕石を収集、これで中国の南極隕石保有数は1万個を突破した。

同日、グローブ山隊中の8人の隊員が、風力7から8の強風をおして、グローブ山地区でも隕石が密集したガストクリフ北区間で、隕石を捜した。隊員たちの10時間近い努力のすえ、ついに隕石の「大豊作」となった。

隕石研究に携わっている観測隊員で、中国科学院地質・地球物理研究所の胡森氏の集計によると、この日観測隊が収集した隕石はほとんど普通のコンドライトで、総重量は約7・5キロ、うち最も重いのは698・93グラム、最も軽いのは0・12グラムだった。

中国の南極中山基地から直線距離で約400キロ離れたグローブ山地区は地球上の隕石の密集地であることが確認されている。1998年から2006年にかけて、中国はグローブ山地区で4回の科学観測を行い、計9834個の隕石を収集した。これによって、中国の南極隕石保有数は日本、米国につぐ世界第3位となった。

グローブ山隊の黄費新隊長は次のように話している。中国の南極隕石保有数が10余年間で1万個を突破したのには、過去のグローブ山観測隊の大変な苦労があった。今回の観測で短期間にこのように大きい成果が得られたのも、過去の経験を汲み取った結果だ。今後1カ月の活動で、悪天候、危険な地形などの困難を克服して、隕石採集作業における一層大きい前進をめざしたい。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら