今月6日に中国の人口13億に、国家統計局推計

1月 2, 2005

(中国通信=東京)北京2日発新華社電によると、今月6日、中国本土(香港、マカオ特別行政区と台湾省は含まず)の総人口が13億に達する。国家統計局の最新推計データで明らかになった。

人口13億がこの日まで延びたのは計画出産(家族計画)事業の大きな成果で、30年の苦しい努力で、中国は人口の大幅増を有効に抑制し、人口再生産の類型が高出生率、高死亡率、高増加率から低出生率、低死亡率、低増加率への歴史的転換を実現し、出生率が1970年代初めの5・8から現在は1・8前後に下がった。中国が人口を抑制し、計画出産を実施したことで、世界の人口60億と中国の人口13億の到来を4年遅らせることができ、世界の人口の安定に積極的に貢献し、また中国の持続可能な発展と小康社会全面建設の実現に良好な人口環境をつくった。

国家人口計画出産委員会の関係者は次のように指摘した。人口13億になり、中国の人口・計画出産対策は新たな厳しい試練に直面している。現在は人口の低増加率と高増加数の併存期で、人口規模が非常に大きいという基本的国情は変わっておらず、現在の低出生水準は安定しておらず、出生人口性別比が持続的に上昇し、移動人口、老齢人口のピーク期に入り、労働力人口の激増が雇用に大きな圧力をもたらしている。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら