中国陜西で珍しいチュウサギ発見

1月 8, 2005

(中国通信=東京)西安9日発新華社電によると、中国陜西理工学院の専門家がこのほど、陜西省洋県の漢江流域を調査中、珍しいチュウサギを発見した。専門家は、全国で1000羽足らずのこの珍鳥が陜西で発見されたのは初めてと言っている。

陜西理工学院生物学部の王中裕教授によると、このほど洋県の漢江河流域で調査を行っている時、漢江大橋から約1キロのところで、このチュウサギを発見した。川辺の浅瀬で餌を探しているところだった。

チュウサギは中型の渉禽類で、体長がおよそ62〜70センチあり、個体はシロサギより大きく、体重が約1000グラムある。全身白色で、目は一部が黄色、爪は黒色、嘴は黄色で、いつも川や池の浅い水辺に生息しており、警戒心が強く、人が近寄るのは難しい。チュウサギの全中国での数は1000羽足らず。

王教授は次のように話している。チュウサギはサギ科の渡り鳥で、東アジアに多く生息している。毎年3、4月に中国南部に飛来して繁殖し、9月末、10月初めに移動する。今回洋県で発見されたチュウサギは群れが移動過程で休んでいたのにちがいない。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら