春節期間中の鉄道旅客1・45億人の予想

1月 25, 2005

(中国通信=東京)北京25日発新華社電によると、中国鉄道省の胡亜東次官は同日、全国鉄道春節(旧正月、今年は来月9日)特別輸送態勢に関する記者会見で、今年、春節前の帰省ラッシュは相対的に平穏で、春節後のUターンラッシュの混雑がかなりひどくなるとみられ、旅客と貨物の矛盾が非常に突出すると指摘した。

特別輸送態勢の期間は25日から3月5日までの40日。旅客は昨年より3・5%多い1億4500万人、うち直行列車利用客は10・3%多い5950万人と予想されている。

胡次官は次のように指摘した。今年は春節前の帰省ラッシュが例年より早く始まった。全国の大学で20日前後から休みになり、また南部では気温が比較的低く、一部企業が早めに休暇に入ったため。Uターンラッシュは学生、出稼ぎ労働者、親族訪問などの人が一緒になり、かなりの混雑になることが予想される。

鉄道省の予想によると、帰省ラッシュのピークは来月4日から6日で、昨年より8万人多い360万人に達する。Uターンラッシュの最初のピークは来月15日から17日、2回目は25日から28日までで、昨年より共に10万人余り多くなる。

胡次官は次のように指摘した。全体的にみて、今年の春節の鉄道輸送力は非常にひっ迫している。現在、1日の旅客輸送能力は274万人で、予想旅客数より89万人少なく、ピークの日では176万人少ない。ラッシュに対応するため、今年は過去最大の対応を行い、直行列車は臨時を上下260本増発し、合せて上下646本運行する。これは昨年より76本多い。春節期間は貨物輸送の需要も旺盛で、特に重点物資の輸送が多くなることから、旅客輸送を保証すると同時に輸送力を調整し、石炭、食糧、石油、化学肥料、春節用物資および香港、マカオ向け物資などの輸送を確保し、国民経済と人々の生活の必要に対応する。特別輸送態勢の終了後は貨物輸送を拡大する。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら