黒竜江省の営業所で数億元が不明、所長も行方不明、中国銀行が告発

1月 27, 2005

(中国通信=東京)北京27日発新華社電によると、今月上旬、中国銀行黒竜江省支店は管轄する河松街営業所の預金業務に異常を発見し、金融詐欺の疑いあるとして、直ぐに告発した。同行取締役会、監査会は重大視し、経営陣が必要な措置をとった。現在、捜査が行われている。同行の王兆文スポークスマンが同日明らかにした。

同行はまた近く、関係の情報を開示するとしている。

河松街営業所の所長らが最近、行方がわからなくなり、営業所の帳簿で数億元が不明になっている。現在、黒竜江省ハルビン市警察が専従班を設置し、全力で捜査を進めている。営業所の業務は平穏に行われている。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら