大陸民間航空機56年ぶりに台湾へ

1月 28, 2005

(中国通信=東京)北京29日発新華社電によると、中国国際航空公司のCA1087便が29日午前8時、北京首都国際空港を飛び立ち、台北に向かった。大陸の民間航空機が台湾に乗り入れるのは56年ぶり。同機の出発により、今年の台湾ビジネスマン向け春節(旧正月、今年は2月9日)帰省チャーター便の運航はスタートした。

この旅客機ボーイング737は午後零時30分前後に台北の桃園空港に到着する。国務院台湾事務弁公室の陳雲林主任、李炳才副主任、民間航空総局の楊元元局長、高宏峰副局長、北京市の張茅・副市長が春節帰省チャーター便の運航スタートを記念する式典に出席し、台湾ビジネスマンを見送った。

今年の春節帰省チャーター便の運航では初めて「双方向、第3地経由なし、往復乗客搭乗」が実現した。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら