中国の医療衛生事業に4つの問題、高強衛生相指摘

8月 4, 2005

(中国通信=東京)北京4日発新華社電によると、中国の高強・衛生相はこのほど、国内の医療衛生事業について依然として全面的でなく、調和がとれておらず、公衆衛生体系の整備、公衆衛生の突発事態対応、医療サービス体系、医療衛生管理体制の4つの面で問題があるとして次のように指摘した。

1、公衆衛生体系が不備で、重大な疾病の予防には大きな困難がある。現在、中央、省、市、県の4つのレベルで総人数約20万の疾病予防機関が設けられているが、機関の人員の資質が高くなく、設備が整っておらず、郷・村2つのレベルでは疾病予防のための安定した専門人員がおらず、経費保障制度が不備な状況で、重大な疾病の流行を有効に抑えることは難しい。

2、公衆衛生の突発事態に対応する体制が十分でない。2003年の新型肺炎SARS感染拡大後、中国は緊急対応制度の整備を非常に重視し、制度、人員、技術、物資準備などの面で多くの仕事をし、一部の突発事態に対応する中で非常に大きな役割を果たしたが、より大きな範囲の突発事態に有効に対応するには、相応の制度の整備が必要である。

3、現在の医療サービス体系は人々の必要と比較してまだ非常に大きな差がある。診療を受けることが難しく、医療費が高い問題が突出している。医療衛生資源は全体的に不足し、経済の発展と比べて遅れている。医療衛生資源の配分が不合理で、医療保障体系が不備であり、公立医療機関の運営に市場化の傾向がみられ、医薬品と医療機器の生産、流通秩序が混乱し、価格が高すぎ、さまざまな医療の枠組みが形成されていないことが現在のような局面を招いた主要な原因となっている。

4、医療衛生管理体制が人々の必要に対応していない。既存の医療衛生資源はそれぞれ各級の政府、官庁、業種、企業に所属しており、地元衛生官庁が主要な精力をそれぞれのレベルに所属する数カ所の病院だけに注ぎ、支援を重視し、監督管理を軽視していることが医療衛生全体に対する有効な監督管理が難しい重要な原因の一つである。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら