中国の一部地区の闇外貨市場に偽ドル札 容疑者を厳しく取り調べ

11月 27, 2005

(中国通信=東京)北京25日発新華社電によると、中国国家外国為替管理局は25日、

今年に入って、国内の一部地区で米ドルの偽札が見つかり、多くの人が損害をこうむっていると明らかにした。

これまでに見つかった偽札はかなり精巧にできており、外貨の闇市場で購入し、銀行に預金したり、交換しようとしたりして偽札であることが分かることが多いという。

同管理局は、偽札はごく少数のところで見つかっているが、これまでの状況からみて、印刷、作成、使用は犯罪組織が組織的、計画的に行っている可能性が高いとしている。

見つかった偽札はすべて1996年版の100ドル札に似せたもので、アルファベットの文字などに一定の特徴があり、触った感じも本物より厚いという。

同管理局は各分局と金融機関に対して情報を伝えると共に、外貨管理を強化するよう要請している。

公安機関は容疑者を厳しく取り調べ、偽札の供給源や数量など捜査している。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら