松花江汚染事故の主要な責任は吉林石化に、李栄融国資委主任

12月 22, 2005

(中国通信=東京)北京22日発新華社電によると、中国国務院国有資産監督管理委員会(国資委)の李栄融主任は同日、国務院新聞(報道)弁公室主催の記者会見で、松花江の汚染事故は(工場の爆発事故を起こした)吉林石化が主要な責任を負うべきだが、中央企業も教訓をくみ取り、安全対策を改めなければならないとし、さらに次のように述べた。

吉林石化は独立法人で、松花江汚染事故の主要な責任を負うべきで、中国石油天然ガス集団公司も指導責任を負わなければならない。

事故に対し、中国石油は直ぐに対応し、死傷者と経済的損害を最大限減らし、影響を最小限に食い止めた。

今回の事故で中国の化学工業、石油製品、天然ガスなどの企業は安全について深く考えなければならない。

企業は安全生産と環境保護に対する考えを「やらされる」から「自らやる」に転換しなければならない。企業は社会との調和をはかり、社会と人民に幸福をもたらさなければならない。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら