カドミウム汚染の北江からの取水停止、広東省英徳市が仮設水道

12月 22, 2005

(中国通信=東京)英徳(広東省)22日発新華社電によると、広東省英徳市は水道の水源となっている珠江の支流、北江がカドミウムで汚染されたため、緊急工事で仮設水道をつくった。21日夜11時に全面開通し、北江からの水道水の取水が停止された。

同市関係官庁の説明によると、仮設水道は22日午前3時から市街地の各家庭に給水を始めた。1日の給水能力は4万8000立方メートルで、市街地の住民10万人の需要に完全に対応できる。

北江の水汚染が発生し、同市は緊急措置をとり、仮設水道をつくることを決定。市街地付近の長湖ダムから取水するもので、全長1・4キロ。すべてコンクリート管を敷設。

現在、市街地住民は通常の生活を送っている。22日現在、国家環境保護総局、広東省政府の責任者と専門家が汚染源となった精錬所のある韶関と下流の英徳で汚染事故の処理にあたっている。環境保護機関は昼夜、北江の水質検査を行っている。

環境保護機関の検査で、最近、北江の韶関区間で基準値を超えるカドミウムが検出され、厳重な追跡調査を実施。基準値を超えるカドミウムは下流に流れ、孟洲ハ(土+覇)発電所観測ポイントから高橋観測ポイントまでの区間で基準値を超え、下流の飲料水の水源の安全にとって大きな脅威となっている。広東省、韶関市環境保護局の合同調査チームは韶関精錬所が設備点検期間にカドミウムを含む廃水を流しことが今回の汚染の原因と一応断定した。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら