黒竜江の撫遠でニトロベンゼン濃度上昇、ハバロフスクから71�

12月 22, 2005

(中国通信=東京)北京22日発新華社電によると、中国国家環境保護総局は同日、松花江から黒竜江(ロシア名アムール川)に流れ込んだニトロベンゼンに汚染された水の最新観測結果を発表した。

黒竜江の中国側の撫遠観測ポイント(ハバロフスクから71�)の濃度が上昇し続けており、同日午前4時の段階で1�当たり0・0494�グラムに達した。

撫遠の上流49�の黒竜江の八岔観測ポイントでは21日午前10時から濃度が下がり始め、同午後1時には0・0468�グラムになった。

撫遠の上流152�の黒竜江の東港観測ポイントでは濃度はさらに下がっており、21日午前7時には0・0149�グラムになった。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら