「731部隊」陳列館見学者数ピークに

7月 7, 2010

 (中国通信=東京)ハルビン6日発新華社電子版によると、抗日戦争勝利65周年を控えて、ハルビン市平房区の侵華日軍(旧日本軍)731部隊跡陳列館が見学者数の新たなピークを迎えている。
 6日午前9時半、「731」跡陳列館の入り口には大勢の観光客が集まっており、平安保険公司の100人余りの社員および北京航空航天(宇宙)大学、黒竜江大学などの大学生20人余りが同時に旧跡ビルに入り展示を見学した。
 秦皇島から来た学生、蘇宝銘さんは初めてハルビンにやってきた。この機会を利用してわざわざ侵華日軍731部隊跡を見学しにきたのだ。「日本の軍国主義者はここで大規模な細菌兵器を研究、実験、生産しただけでなく、残酷にも健康な人を使って細菌実験を行った。これらの歴史的な犯罪の証拠を見ると、罪もないのに殺された一般人を思い胸が痛みます」、蘇さんはこう話し、さらにこの時代の歴史を胸に刻み、国辱を忘れないこと、それが国家発展の原動力だ、と語っていた。
 「731部隊」跡陳列館のスタッフの紹介によると、同陳列館の普段の一日の平均見学者数は500-700人で、一日の説明会は10回余り。7月に入ってからは毎日の平均見学者数は1000人余り、一日の説明会は30回余りで、参加者は主に軍隊、学校、会社、社会団体に集中している。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら