中国のサイガ数、80頭余りに

7月 19, 2010

 (中国通信=東京)蘭州18日発新華社電によると、甘粛絶滅危機動物研究センターが飼育する多くの絶滅危機動物の繁殖期がこのほど終わった。同センターが飼育するサイガは今年、26頭の子供を生み、センターのサイガ数が80頭余りに達した。
 センター研究員の李岩氏は「飼育頭数を増やすのに、とても苦労した。サイガの飼育頭数は、この数年間、50頭前後にとどまっていた。今年誕生したサイガの生存率は100%で、順調に成長しており、今年12月までに子供を生めるまで成長するだろう」と説明した。
 1987年に設立された甘粛絶滅危機動物研究センターは、テングリ砂漠の南縁、甘粛省の武威市にある。センターではサイガのほか、野生のラクダ、プルツワルスキーモウコノウマなど、多くの絶滅危機動物が飼育されており、中国でサイガを飼育している同センターだけ。
 李岩氏は「サイガを中国で復活させることが、サイガを輸入して飼育している目的だ。しかし種群が少ないため、この目標を達成するには、長い過程が必要だ」と説明した。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら