人工飼育のパンダが初めて半野外の環境で出産成功 四川省臥竜

8月 3, 2010

 (中国通信=東京)成都3日発新華社電によると、四川省臥竜の中国パンダ保護研究センターは3日、人工飼育のパンダ「草草(ツァオツァオ)」が同日未明、野生化訓練基地の「核桃坪」で順調に出産したと発表した。世界で初めて半野外の環境で子供を生んだ人工飼育のパンダとなった。
 出産後、職員は直ぐに生まれた子供の検査を行った。検査によると、生まれたのはオスで、体重は205グラム。叫び声がはっきりしており、健康であることを確認した。検査は10分足らずで終え、職員は直ぐに子供を母親の「ツァオツァオ」に戻した。
 同センターの専門家、湯純香氏は次のように語った。今回の順調な出産は臥竜のパンダ野生化訓練の第二期プログラム「野外出産・保育」の段階が順調に進んでいることを意味しており、研究事業に対する極めて大きな励まし、自信となった。
 先月20日にこの第2期プログラムに入り、妊娠が分かった「ツァオツァオ」はじめ4頭がこの野生化訓練基地に移され、訓練を受けている。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら