湖南省衡陽市で抗日烈士慰霊祭 海峡両岸の各界関係者出席

8月 8, 2010

 (中国通信=東京)長沙8日発新華社電によると、湖南省衡陽市にある岳屏公園の岳屏山抗日戦争記念碑の塔の前で同日、(台湾)海峡両岸の各界の人々と当時戦場で戦った元兵士の代表が集会を開き、抗日戦争勝利65周年を記念するとともに、66年前の衡陽での防衛戦に身をささげた烈士の慰霊祭を行った。
 慰霊祭は中国国民党革命委員会(民革)湖南省委員会と中国共産党衡陽市委員会が主催し、民革衡陽市委員会が行った。中国人民政治協商会議(政協)全国委員で政協湖南省委主席、民革湖南省委主任委員を務める劉暁氏が慰霊祭を主宰した。政協全国委常務委員で民革中央連絡部部長の鄭建邦氏らが出席した。
 衡陽市の張自銀市長が慰霊祭の開始を宣言し、続いて献花、拝礼などが行われた。
 招かれて出席した台湾の作家で中国の抗日戦争史を研究している鄭浪平氏が「先烈の英霊をしのび、統一の壮志を発揚しよう」と題するあいさつを行った。鄭氏はその中で、湖南の山河は抗日烈士の鮮血と事跡を永遠に伝え、偉大で悲壮な抗日戦争を永遠に銘記していると強調し、抗日烈士を慰霊することで、中国人民の統一と富強を実現する壮志が必ず一層かき立てられるだろうと述べた。
 1944年6月22日から8月8日にかけ衡陽防衛のための戦闘が行われた。中国の抗日戦争史上、力の弱い方が強い方を抑えた典型的なケースで、1日で衡陽を攻略する日本軍の当初の計画を打ち破り、大陸に展開する輸送部隊をけん制して日本軍の南進を遅らせた。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら