日本に強制連行され過酷労働で死亡の労働者追悼 南京で布靴並べるイベント

8月 15, 2010

 (中国通信=東京)南京14日発新華社電によると、第二次世界大戦中に日本に強制連行され過酷な労働を強いられて死亡した中国人労働者6380人を追悼するため、6380足の布靴を並べるイベントが14日、南京で行われ、強制連行された生存者や犠牲者の遺族、日本の友人など50人近くが参加した。
 これは南京大虐殺記念館の広場で行われたもので、花岡平和友好基金管理委員会、在日華僑中日交流促進会、台湾人民文化協会共催の「忘れることのできない歴史、世界反ファシズム戦争・中国人民抗日戦争勝利65周年特別展」の主要なイベントの一つ。
 花岡平和友好基金管理委員会の王紅・委員の父親は連行されて働かされた1人で、王委員は次のように語った。当時、日本に連行された中国の労働者にははく靴がなかった。今回のイベントの主要な意義は犠牲者の尊厳を守ることと両国人民が歴史を銘記し、中日友好関係を一層守り、世界の調和した発展をはかるようにすることの二つである。
 父親が日本に連行され働かされて死亡したという石家荘から来た76歳の男性は、今回のイベントに参加したのは親を追悼するためであり、また人々に平和な生活環境を大切にするよう伝えるためであると語った。
 第二次世界大戦中、4万人近くの中国人労働者が日本に連行され、公的な統計では6380人が死亡した。今回の布靴を並べるイベントには強制連行の生存者や犠牲者の遺族が河北や山東、天津などから参加した。また海外華僑、日本の友人、台湾同胞らが参加した。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら