重慶で大規模な漢墓群を発見 

1月 14, 2005

(中国通信=東京)15日発新華社電によると、重慶市豊都県の匯南漢墓群で先ごろ、漢代から六朝にかけての墓群3カ所と花紋磚の採集地点が発見された。匯南漢墓群は、これまでに国内で見つかった漢墓群としては最大級のもの。今回発見されたのは、石宝寨墓群、転転田梁子磚室墓、半辺橋磚室墓の3墓群で、すべて重慶市豊都県三合鎮丁荘村にある。石宝寨墓群では約1メートルの間隔で2基の墓が見つかっており、青銅製の釜、五銖銭、鉄器、陶器などの副葬品が出土した。匯南漢墓群は主に重慶市豊都県の新しい県都がある三合鎮の周辺に分布している。墓の総数は数千基から一万基とみられている。形式としては土坑墓、岩坑墓、石室墓、磚室墓がみられ、10万点以上の遺物が出土した。時代区分は前漢早期から南朝晩期にかけての約600年間にわたる。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら