標高が最も高い氷床に到達、中国南極科学観測隊

1月 19, 2005

(中国通信=東京)北京18日発新華社電によると、中国南極大陸氷床崑崙科学観測隊が北京時間18日午前3時16分、南緯80度22分00秒、東経77度21分11秒の南極で最も標高の高い氷床に到達した。同地点の標高は4093メートル。

この地点で、観測隊はボーリングを行い、氷芯を採集し、世界で初めて南極で最も標高の高い氷床の頂点の氷芯を手に入れた。氷芯は同地区の1000年間の気候と環境の変化を研究するための非常に重要な手がかりを提供する貴重なサンプル。この氷芯は南極で最も標高の高い氷床から300メートルの地点で採集したもの。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら