中国で医療用整骨ロボット開発

2月 12, 2005

(中国通信=東京)ハルビン5日発新華社電によると、コンピューター技術や最新の制御理論などの知識を一つに集めた「医療用整骨ロボット」が中国のハルビン第5病院で完成、「折れた骨をロボットに治してもらう」ことが夢でなくなった。

専門家は検索と検定のすえ、国内外の関連文献にこのようなロボットの記載はなく、完全に中国独自の技術で、内外の空白を埋めるものであるとした。

整骨医を真似て骨折を完全に修復できるこの「医療用整骨ロボット」は、中国医学の整復(関節の脱臼などを復位させること)理論を拠り所に、コンピューター画像採集システム、センサー技術など最新のハイテク手段を結合して研究、開発されたもの。まずコンピューターが画像採集システムを通して、患者の骨折・破損角度情報を集め、骨折の位置、損傷の程度とタイプを判断する。続いて医師の確認の後、コンピューターから制御指令、すなわち治療プランを受け取ったマニピュレーターがけん引、回転などの動作により独立して骨折を治療する。

この技術開発の責任者で、ハルビン第5病院骨科主任医師の于志国氏は、次のように説明した。「医療用整骨ロボット」は2001年の研究・開発から現在までに、62人の骨折を治している。その治療過程は正確、敏速で、メスを使わず、骨の生成条件を新たに壊すこともなく、患者の健康回復にとって好都合である。

「医療用整骨ロボット」はすでに国家知的財産権局の発明特許証書を取得しているという。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら