中国で最も多い姓は「王」、9288・1万人

4月 24, 2007

(中国通信=東京)北京24日発新華社電によると、中国で最も多い姓はこれまでずっと「李」とみられてきたが、公安省の最近の統計で、この認識が違っていることが明らかになった。公安省治安管理局の全国戸籍人口統計分析によると、「王」が9288万1000人で、「李」の9207万4000人を80万人余り上回り、最も多いことがわかった。2位は「李」。

統計分析によると、「王」と「李」が全人口に占める割合はそれぞれ7・25%と7・19%。3位は「張」で、8750万2000人おり、全人口の6・83%。

1980年代から06年まで中国科学院遺伝・発育生物学研究所が長年続けてきた調査分析では、中国の3大姓は「李」、「王」、「張」で、「李」が最も多かった。

公安省治安管理局の今回の統計分析によると、2000万人以上いる姓は10あり、王、李、張、劉、陳、楊、黄、趙、呉、周の順、2000万人未満1000万人以上は12あり、徐、孫、馬、朱、胡、郭、何、高、林、羅、鄭、梁の順。

このほか100位までの姓は次の通り。謝、宋、唐、許、韓、馮、トウ(登+おおざと)、曹、彭、曽、蕭、田、董、袁、潘、于、蒋、蔡、余、杜、葉、程、蘇、魏、呂、丁、任、沈、姚、盧、姜、崔、鐘、譚、陸、汪、范、金、石、廖、賈、夏、韋、付、方、白、鄒、孟、熊、秦、邱、江、尹、薛、閻、段、雷、侯、龍、史、陶、黎、賀、顧、毛、カク(赤+おおざと)、キョウ(龍の下に共)、邵、万、銭、厳、覃、武、戴、莫、孔、向、湯。

統計によると、100位までの姓が全人口の84・77%を占めている。

中国科学院の専門家が発表した「百家姓」の順位と公安省治安管理局の今回の統計結果を対照すると、「李」と「王」の順位が入れ替わっているほか、一部の順位が変わっている。

中国は世界で最も早く姓を使用した国で、約5000年前に姓は世襲と定められ、父系で伝えられている。専門家は「姓氏は文化であるだけでなく、中国人の姓氏とその分布は人類群遺伝学、人類学、民族学と地域・社会発展学の研究にとって重要な意義がある」と指摘している。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら