中国で累計6万8000人余りがエイズで死亡

11月 29, 2010

(中国通信=東京)北京29日発新華社電によると、中国衛生省は29日、今年10月末までに報告されたエイズ(後天性免疫不全症候群)感染者と患者が累計37万人余りに達したことを明らかにした。患者は13万人余りで、6万8000人余りが死亡した。同省が中国のエイズ感染と対策の状況に関する報告を発表して明らかにした。
 2009年に中国衛生省、国連エイズ合同計画(UNAIDS)、世界保健機関(WHO)が発表した報告によると、2009年末現在の中国の推定エイズ感染者と患者は約74万人で、患者は10万5000人に達している。2009年に約4万8000人が感染し、約2万6000人が死亡した。
 衛生省の報告によると、社会と経済の発展、エイズ予防対策の進展にともない、この2年間のエイズ感染には以下のような三つの特徴がみられるようになった。
 1、エイズ感染は拡大しているが、増加率は鈍化している。近年はエイズに関する宣伝と教育、相談検査、抗ウイルス治療などが強化されているため、発見される感染者と患者が多くなっており、治療を受けた患者の死亡率は大幅に低下している。この2年間の観測結果が示しているように、エイズ感染の増加率は鈍化している。感染者と患者の前年比増加率は2008年の16・8%から2009年の9・3%に低下している。今年1~10月期は前年同期を1・4ポイント下回った。
 2、性行為感染が主要な感染ルートになっており、男性同士の性行為による感染率が上昇している。男女の性行為による感染率は2008年の40・3%から1009年の47・1%に上昇し、男性同士の性行為による感染が全体に占める割合は2008年の5・9%から2009年の8・6%に増えている。
 3、一部の地区と特定層の感染が深刻になっている。雲南省、広西チワン族自治区、河南省、四川省、新疆ウイグル自治区、広東省で報告されたエイズ感染者と患者は全国で報告された総数の77・1%を占めた。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら