世界最古の原始陸生生物、中国貴州で発見

5月 13, 2005

(中国通信=東京)南京13日発新華社電によると、中米両国の科学者が13日、中国で6億年前の地衣類化石を発見したと発表した。この化石は世界最古の原始陸生生物。

これまでに確認された世界最古の地衣類化石はスコットランドで発見されたもので、4億年前のもの。13日発行の米国の雑誌「サイエンス」は、中米両国の科学者による最新の研究成果を発表した。

中国科学院南京地質古生物研究所研究員の袁訓来氏は「地衣類は海洋生命体が陸地に進軍するための先遣部隊だった。6億年前、地球の表面は現在の火星のように、見渡す限り何もなかった可能性が高い。浅海に生息していた地衣類が徐々に陸地に上陸、地衣類が出す地衣酸が岩石中の鉱物を腐食、高等植物が陸地で成長するための土壌が形成された」と説明した。

貴州省で発見された3点の地衣類化石に対する中米両国科学者3人による研究が示しているように、地衣類が地球に誕生したのは6億年前だった。この事実は海洋生命体の陸地への移動をさぐる重要な手がかりを提供するもの。

地球の46億年の歴史をみると、海洋生命体の生存期間が38億年、高等植物が4億3000万年であることがすでに確認されている。新しい研究成果により、地衣類の誕生が6億年前にさかのぼり、地球早期生命体の研究は大きな進展を収めた。

袁研究員と助手は2003年5月、貴州省の瓮安で、一群の化石を採集した。そのうちの3点が地衣類の化石だった。

岩石と樹皮の表面にみられる地衣類は最も簡単な生物の一つで、真菌類と藻類の共生体である。うち藻類は光合成を利用して共生体に養分を提供、真菌類は水分と無機塩を提供している。

陸地の開拓者、地衣類の生成により、陸生動植物と人類の出現が可能になり、荒涼とした陸地は今日のように多様な生物が生息するようになった。

袁研究員は次のように話した。研究が示しているように、6億年前の海洋では、藍藻と真菌がすでに相互依存の状況にあった。また高等生物が陸地に上陸する前の2億年の間、地衣類は地表の岩石を改造していた。早期地衣類の貢献があったからこそ、地球の陸地は海洋と同じように、植物が生い茂る美しい世界に変わることができたのだ。

米国の科学者は現在、地衣類を利用して火星の陸地を改造、人類が暮らせる環境をつくる研究を進めている。

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら