月刊バックナンバー 2010年10月号

11月 6, 2010

■時のうごき―――――――――――――――――――――――■□■
17期5中総への「12.5」計画提案検討 党中央政治局会議
中国人民抗日戦争記念館を参観 胡錦涛氏ら中国の指導者
深圳で経済特区設置30周年祝賀集会 胡錦涛総書記が演説
温家宝首相の国連一般討論演説全文
公開選抜が役人の昇進構造を変える 中央から地方まで

―――――――――――――――――――――――――――――――
軍事ニュース
平和の旗の下に―解放軍国防大学防衛学院を訪ねて
中国海軍病院船、初めての海外での人道医療任務遂行
鉄道輸送により長距離派遣の経験蓄積 「平和の使命―2010」
「平和の使命―2010」を語る 中国側総監督馬暁天空軍大将
北京で中米国防省担当者が実務会談 対話の継続確認

◆――法制の窓――◆
「中華人民共和国無線制限規定」 国務院、中央軍事委が公布
企業合併・再編の促進に関する意見 国務院弁公庁が配布
商務省、安値輸出行為処罰暫定規定など廃止
10月1日から改正行政監察法などの法律・法規施行

◆――国務院常務会議より――◆
中小河川整備事業、地質災害対策強化で部署配置 国務院常務会議
国務院常務会議、生物多様性保護戦略を可決
家事サービス業振興政策を検討 国務院常務会議

中西部の事業移転引き受けに関する指導意見を発表 中国国務院

白書「中国の人的資源状況」全文(上)

―――――――――――――――――――――――――――――――
(経済)
人民元値上がりへの圧力は状況の複雑化招く 新華社解説
中国の内需拡大強化で世界各国に輸出機会 新華社解説
地域経済の調和のとれた発展推進 来年からの12次5カ年計画
中国の高速鉄道が世界をリード 新華社解説
銀川で第1回中国アラブ経済貿易フォーラム開幕
中国経済の成長梯団順位入れ替えへ
中国の1人当たりエネルギー消費、米国の5分の1
トヨタ・ファイナンスが商業賄賂で処罰へ 中国で初めて
風向きが変わった中日経済対話 「国際先駆導報」論評
人民元為替レートの推移(2010年9月)

◆――両岸往来――◆
ECFA発効で両岸経済・貿易協力に新たなページ 新華社解説
大陸と台湾、台湾海峡で初の合同捜索救助演習を実施

―――――――――――――――――――――――――――――――

◆――科学技術トピックス――◆
中国、リモートセンシング衛星の打ち上げに成功
標的抗がん新薬の治療効果実証 中国で自主研究・開発
日本メディアの「北極資源に狙い」は全くの憶測 中国の関係者が反論
水深3700㍍を初めて突破 中国の深海有人潜水調査船
河北泥河湾遺跡の旧石器遺跡を調査 日本と中国の研究者が共同研究
中国、長沙の古井戸の簡牘発掘で重大な成果

―――――――――――――――――――――――――――――――
(中日関係)
船長の無条件即時釈放を日本に促す 温家宝首相
「日本当局の極めて危険な行動」 中国紙、巡視船の漁船衝突で社説
中国は主権問題で「絶対譲らず」 日本問題の専門家警告
中国民衆が不法こう留の船長即時解放を強く要求 新華社解説
釣魚島の主権維持、大陸台湾共通の利益に合致 国務院台湾弁公室強調
サイレンの鳴る中、抗議行動で日本の侵略を記念 新華社解説
日本政府、中国遺棄化学兵器廃棄作業を正式始動
三菱マテリアルを国内で集団提訴 第2次大戦中の強制連行中国人
日本軍慰安所犯罪行為展覧館、一般公開を再開 雲南省竜陵県
李源潮政治局委員、日本若手リーダー訪中団と会見
日本への観光で安全注意呼びかけ 中国国家観光局

―――――――――――――――――――――――――――――――
(国際)
越が中米間で行う「立ち回りのうまい外交」 国際先駆導報論評
胡錦涛主席、ロシアのメドベージェフ大統領と会談
中ロ元首の第二次大戦終結65周年共同声明全文
金正日氏の朝鮮労働党総書記推挙に祝電 胡錦涛総書記
金正日氏、中国との友誼の一層の発展強調
金正日氏が金正銀氏ら6人を大将に任命
朝鮮労働党高級代表団が訪中、代表者会の状況説明

注釈

○2010年9月政治・外交動向
◆コラム◆教育費、低収入、病気が中国家庭生活の3大困難 調査報告指摘 奥付

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら