月刊バックナンバー 2010年2月号

2月 6, 2010

(政治)
○党中央政治局会議、チベットの跳躍型発展と長期安定活動を検討
○第5回チベット工作座談会開催 胡錦涛、温家宝両氏が演説
○中国外務省、ダライ・ラマが接触を大切にするよう希望

○中国共産党第17期中央規律検査委員会第5回総会コミュニケ
○黄松有元最高法院副院長の収賄・横領事件、無期懲役の一審判決
○3339人が捕まる 庁長級幹部12人も 重慶の暴力団取り締まり
○重慶で昨年暴力団事件27件を結審、300人に判決

○中国、特許法実施細則を改正 新細則2月1日から施行
○耐火粘土・螢石の採掘・生産規制 国務院弁公庁通知
○第11期全人代第3回会議開催に関する決定

―――――――――――――――――――――――――――――――
【国務院常務会議より】
○国務院常務会議、外資利用と淮河治水を検討・手配
○中国、通信・放送・インターネット3網融合の加速決定
○遅れた生産能力の淘汰強化 国務院常務会議
○国務院常務会議で国家環境保護「11.5」計画中期評価報告採択

【国務院】
○映画産業振興へ企業上場推進などガイドライン 国務院
○中国映画産業の新政策に注目 業界関係者
○中国都市の昨年の映画興行収入62億元
○国家文化輸出重点企業リストを発表 中国映画集団公司など211社
○一層適時強力に中国の声を世界に伝える 全国対外宣伝工作会議開催

―――――――――――――――――――――――――――――――
(軍事)
○中国が陸上配備型ミッドコース・ミサイル迎撃技術試験
○軌道上宇宙機の安全脅かさない ミサイル迎撃試験で中国外務省

(経済)
●経済の焦点―――――――――――――――――――――――○●○

○【経済の焦点】
○一般信用取引実験と株価指数先物 国務院が原則同意
○一般信用取引と株価指数先物スタートへ 新華社解説
○中国の輸出が世界第1位に 新華社解説
○消費力不足が国民所得分配の一層の調整迫る 新華社論評
○1年半ぶりの預金準備率引き上げ 新華社解説
○頻繁な微調整の可能性 預金準備率引き上げで新華社解説
○「8%確保」成功、予想上回る成長率 新華社解説
○09年および過去数年の主要経済データ説明 新華社
○今後の供給構造に実質的影響ない 中豪天然ガス取決失効
○イラクのハルファヤ油田開発 中国石油がオペレーターに
○流通段階の食品事件7.2万件調査・処分 2009年
○中国、食品安全国家規格審査委員会を設立
○第2回全国経済センサス主要データ公報(第1号)
○中国の外国為替レート推移(2010年1月)

―――――――――――――――――――――――――――――――
(科学)
【科学技術トピックス】
○中国初の近傍天体望遠鏡、本格的運用
○中国が65メートル電波天体望遠鏡建設 世界第4位の性能
○3個目の衛星打ち上げに成功 中国の北斗ナビシステム
○中国の科学者が「恐怖記憶形成メカニズム」で新発見
○キャッサバ・ゲノムの中国で比較的完全な概念図完成
○中国最大の放射光施設「上海光源」が国の確認検査にパス
○中国の南極隕石保有数1万個を突破
○南極グローブ山の一部氷床下地形 中国が初めて解明
○渡り鳥移動ルートと鳥インフル流行 科学者が密接な関係を発見

―――――――――――――――――――――――――――――――
(文化)
◆――曹操の墓 発掘~各界関係者・学者らが真偽論争――◆
○河南省安陽県の墓を曹操のものと確認 専門家が考証
○「魏武王」石碑は偽造の可能性は無い 河南省文物考古研究所
○「曹操高陵」墓室内の発掘が終了 整理作業に全力
○曹操高陵に関する論証は多学科の専門家の意見に基づくもの
○曹操高陵から出土した男性のDNA鑑定 曹操の末裔をさがして実施

―――――――――――――――――――――――――――――――
(国際)
○国際観察:朝鮮の核問題で新年に新しい動き

―――――――――――――――――――――――――――――――
(日中関係)
○沖ノ鳥「礁」を「島」にする動きは国際法に違反 新華社解説
○外務省記者会見より
○馬朝旭外務省報道官、春暁油・ガス田採掘で記者の質問に答える
○南海諸島に争う余地のない主権 中国外務省報道官表明
○朝鮮半島の平和・安定維持に共に努力を 中国外務省
○頻繁なリコールのため中国で信用危機に曝されるトヨタ自動車
○インド洋の給油停止後中国が引き継ぐだろう 日本のマスコミ騒ぐ
○与那国島に兵力を駐留させれば、中米日関係の激動を招く
○日米同盟はどうしたのか 日米中3カ国の専門家に聞く
○国際観察:「土地疑惑」で日本の民主党政権に試練

―――――――――――――――――――――――――――――――
(外交)
○政治モラルからではないグーグルの中国市場撤退 環球網が指摘
○「グーグル事件」を過剰解釈すべきでない 何亜非外務次官指摘

◆――――――米国の台湾向け武器売却――――――◆
○中国が売却中止促す
 外務省報道官が厳重申し入れ 
 外務省が強い不満と断固たる反対
 外務省、武器売却中止促す
 国防省、案件の即時撤回求める
 レイセオン社が武器売却
 「即時中止を強く促す」何亜非次官
 いかなる形の公式接触も反対
 中核的利益と重大な関心事尊重を
 国務院台湾弁公室、断固反対
 外務省が武器売却中止を改めて促す

○米政府、武器売却を発表
 何外務次官が米国大使呼ぶ
 全人代外事委が厳重抗議
 米軍との相互訪問計画一時停止
 国防省が厳重抗議
 国務院台湾事務弁公室が談話
 楊潔チ外相が厳しい立場を表明
 「暖まった」ばかりの中米軍事関係に重大な影響を与える 新華社論評
 国際時評:中米協力の大局を著しく損なう台湾への兵器売却
 北京で2010年対台湾工作会議 賈慶林氏が演説

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○注釈
○2010年1月政治・外交動向
◆コラム◆ 海外からの旅行者の消費を上回る 中国からの海外旅行者

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら