利用規約

1. 総則
株式会社中国通信社が運営する中国通信社(以下当社と呼ぶ)のホームペー
ジ(以下当社サイトと呼ぶ)のご利用にあっては、利用者が当社の利用規約
を理解し、承諾したものとします。
本規約は当社サイトが提供するサービス、コンテンツ、購読料金システムその他当社サイトに関わるすべての事項に適用するものとします。
当社サイトにおいて使用する「利用者」の定義は有料会員と無料会員とします。
2. 利用登録
当社サイトの有料記事をご覧いただくには有料会員(以下会員と呼ぶ)申込み(登録)をする必要があります。当社サイトの会員は「チャイナビジネス会員」、「チャイナディリー会員」、「英文ニュース会員」に分類されております。
当社サイト所定の申込み(登録)手続きを完了した会員にIDとパスワードを発行します。
無料会員は当社サイトの無料記事を読むことができる。
3. サービスの開始
購読料金の入金を当社が確認した日から、会員は有料コンテンツの利用が可能になります。当IDとパスワードは会員ご本人にのみ有効となります。当社サイト「ログイン」画面からそれぞれの会員タイプに応じてログインしてください。
4. IDとパスワードの管理・利用制限・再発行
会員は、当社サイト発行のIDとパスワードを自己責任で管理・利用するものとします。IDとパスワードは、会員ご自身のみの使用に限定します。IDとパスワードの第三者への貸与・譲渡・抵当・転売は認めないものとします。IDとパスワードの不当使用によりトラブルを起こされた場合、中国通信社には損害賠償を請求する権利があるものとします。
会員がIDとパスワードを紛失・お忘れの場合、当人であることを確認の上、当社サイトから再発行します。
5. 禁止事項
利用者は当社サイトが提供するサービスを使って以下の行為をしてはならないものとします。
① 他人を攻撃、誹謗中傷、差別し、または他人の名誉を毀損する行為;
② 公序良俗を損なう行為;
③ 当社サイトを利用して不正に他人の個人情報を取得する行為;
④ 当社の許諾なしに当社サイトのコンテンツを利用しての営利行為;
⑤ 知的所有権を侵害、また侵害の恐れのある行為;
⑥ 選挙法で禁止される行為;
⑦ その他違法と判断される行為。
6. 利用料金
当社サイトは一部の無料コンテンツを除き、有料制を採用しております。購読料金は官庁を除き、法人、個人を問わず一括前払いとさせていただきます。途中解約の場合、如何なる理由においても購読料金の返却はいたしません。
料金プランは3ヵ月・6ヵ月・1ヵ年に分けます。
7. 利用設備について
当社サイトのご利用に当たって、パソコン等の端末の設置、インターネットと接続する環境の整備等は、会員自身が行うものとします。
8. 利用中止・解約
会員は申し出により当社サイトのサービスの利用を中止・解約することが出来ます。上記手続きの際、ご本人確認のため当社から連絡する場合があります。
なお、途中解約の場合、残金は返却しません。
9. 会員資格停止・取消
下記に該当する場合、会員資格の停止・取消ができるものとします。
① 本規約第5条のいずれかに該当し、当社が会員資格の停止・取消もやむを得ないと判断した場合;
② 当社に対して債務不履行・不渡りが生じた場合;
③ 当社サイトが会員と電話・FAX・電子文書・郵便による連絡が取れない場合;
④ 会員が禁固刑、またはそれ以上の判決を受ける場合。
10. サービスの変更・外部委託
当社サイトは必要と判断した場合、予告なしにサービス内容を変更し、またはサービス内容の一部、若しくはその全部を外部委託する場合があります。
11. 本規約の変更
当社サイトは事情の変化に合わせ、利用者に事前通知することなく、本規約を変更する場合があります。
本規約は変更されても会員に提供するサービスに影響を与えません。
12. 損害賠償
利用者が不正に当社サイトのコンテンツを利用することによって、当社に損害を与えた場合、当社は該当利用者に損害賠償を求める権利があるものとします。
13. 法律の適用と裁判所
本規約に関する法律は日本国内法と準拠します。管轄裁判所を東京地方裁判所とします。

以上

中国通信社
2010年06月吉日

トピックス

より良い都市 より良い生活より良い都市 より良い生活

史上最大規模 入場者7000万人目指す 会期 2010年5月1日~10月31日 中国通信は随時「上海万博」の動きを発信
2010/06/23 13:54  

人民元の攻防人民元の攻防

経済界は固唾を呑んで見守っている。第2回中米戦略・経済対話の行方は?貿易黒字縮小で切り上げ論は下火?
2010/06/28 13:54  

チベットチベット

秘境・「世界の屋根」と呼ばれる青海チベット高原の厳しい大自然、ここに暮らす人々の日常生活、そしてチベットの過去と現在…
2010/06/28 13:54  

中国通信社が発行する情報誌のご案内

詳細はこちら

詳細はこちら